中学英語がわかる!!家庭学習の方法を詳しく解説。お父さんお母さんもお子さんに英語を教えられます!!

中学英語の教え方

ご家庭でお父さん、お母さんが中学生のお子さんの英語学習をサポートする方法をご紹介

ご家庭で、お父さん、お母さんが中学生のお子さんの家庭学習をサポートする方法として、中学英語の教科書を使った指導法をご紹介しています。

英語の学習は、単語、連語、重要構文を確実に覚えることの積み重ねです。 リーディング、リスニング、英作文のどの問題に対しても基礎知識は必要となりますので、定期テスト対策としてはもちろん、実力テスト対策、高校入試対策としても抜けのない基礎固めが重要となります。
抜けのない基礎固めとして手軽に行えて有効な方法が、「教科書の本文を覚えて使えるようになること」です。
お子さんに英語を教える際の参考にしていただければ幸いです。

どこから教えるか

基本的には、学校の授業の進度に合わせて教えてあげるのが良いと思います。 必要に応じて、過去に習ったところについても復習させましょう。

教科書の指導法

中学の英語の教科書には基本文型などの重要ポイントが詰まっていて、それらを覚えることによって英文の型に慣れることができます。

英語が苦手な子の指導

何がわからないのか、どこでつまずいたのか客観的に見極めることが必要です。本当に英語が苦手な場合、どこがわからないのか本人もわかっていません。

指導のコツ

何事もちょっとしたことがきっかけでやる気になったり、やる気が失せたりするものです。お子さんを褒めて、やる気スイッチをオンにしてあげましょう。

中1の最初からが望ましい

中学1年の英語は、アルファベット、身近なものの名前など、簡単で親しみやすいものから始まります。
こんなの簡単、楽勝!とお子さんが思っているうちに、家庭学習の習慣を身につけさせましょう。

英語が得意な子の伸ばし方

英語が得意なお子さんの場合は、理解度に合わせてどんどん伸ばしてあげましょう。 ご家庭で手軽に始められるプラスαの学習法についてご紹介します。

↑ PAGE TOP